スタジオデザイン

ICG は、予算の担当者から賞を獲得した施設に至るまで、文字通り何百ものクラブに、ビデオへの投資をどのように最有効化するかについて、当社のプロダクトチームと一緒に意見を聞きました。そして、マスタートレーナー、グラフィックデザイナー、AV機器の専門家は、すべてのお客様の期待、運営上の要求、そして予算のための解決を見出しました。スタジオはそれぞれ異なっていますが、スペースを最有効化し、最大の没入体験を確立するため、当社は「管理エクササイズを変える」として、強力なガイドラインを作成しました。

照明

周辺が暗いほど、映像は明るく、より興味をそそるようになります。インストラクターまたはスタッフが照明について完全に管理できることを確認してください。場所が窓に近い場合、日光の露出を完全またはできるだけ制限することをお勧めします。

スクリーンのサイズ

大きい方がより良い。バーチャルコーチングとフォワードモーション映像は、スクリーンが大きいほど、一層大きな映像への没入を生み出します。

スクリーンから自転車への距離

大事なのは、選択したプロジェクタースクリーンまたはTVと、自転車の最前列が近すぎないことです。、当社のおよその指針:スクリーン幅10 メートル(3.25 フィート)ごとに、自転車最前列からの距離は 0.7 メートル (2.25 フィート)。例えば、 3.0 メートル (10- フィート) スクリーン = 最前列からの距離 2.1 メートル (6.75 フィート) 。スクリーンの大きさとその自転車最前列までの距離は、最終的にはあなたの好みです。

スクリーンからフロアまでの距離(プロジェクター、またはビデオウォール)

大きめのスタジオまたはジムフロアのスペースに一般的であるように大きいスクリーンを設定する場合、大事なのはスクリーンが床の高さから始まったり、高く上げすぎないようにすることです。当社のおよその指針:横幅 2- ~ 4± メートル (6.5- ~ 13- フィート) のスクリーンが、下端がフロアのレベルから 1 ~ 1.5 メートル (3.25 ~ 5 フィート)上にくるように設置します。

スクリーンから床までの距離(TV, 自転車の1列)

小さいスタジオまたはジムフロアのスペースに小さいスクリーンを設定する場合、大事なのはスクリーンを高すぎないように設定することです。当社のおよその指針は、どのサイズのTV(標準 60”)についても、スクリーン下端の位置は床から 1.5 ~ 2.0 メートル(5 ~ 6.5 フィート) の高さです。より快適に視聴できるよう、TVは下向きのアングルで取り付けるようにしてください。

スクリーンから床までの距離(TV、自転車の複数列)

小さいスタジオまたはジムフロアのスペースに小さいスクリーンを設定する場合、大事なのはスクリーンを高すぎないように設定することです。当社のおよその指針は、どのサイズのTV(標準 60”)についても、スクリーン下端の位置は床から 1.5 ~ 2.0 メートル(5 ~ 6.5 フィート) の高さです。より快適に視聴できるよう、TVは下向きのアングルで取り付けるようにしてください。

スクリーンは自転車の中心に

すべてのインストール(バーチャルまたはライブ コーチングプログラム)について、スクリーンは中心(中間点)、またはできるだけ中間点に近いビューイング範囲に置かれるべきです。その際、全体を含めたスペースの幅とライブコーチングの際のインストラクターの配置を考慮に入れます。

天井の高さと&プロジェクター

低い天井は、プロジェクターとスクリーン購入の決定に影響を及ぼします;天井が低すぎると、自転車最前列のライダーの影がスクリーンに映らずには、大きな画像の投影ができないことがあります。影を避けるためには、プロジェクターを自転車の後ろではなく逆に最前列に近づけ、やや上にもっていって、スクリーンを小さめにする必要があります。その代わりとしては、より強力なパーフォーマンス ショートスロー プロジェクターを入手することです。

ミラーの管理

ミラーと映像とはうまく混在しません。スクリーンがミラーの前で落下した場合、スタジオの遠くの側の参加者は、クラスの反射、そしてビデオの内容も見てしまいがちです。これが起こった場合、旅を前進する錯覚は歪めらてしまいます。お勧めすることは、すべてのミラーを除去するか、またはビデオが確実に反対側の壁に上映されるようにすることです。問題のスペースが多目的のグループエクササイズスタジオであれば、ミラーはもっと不可欠なので、ミラーはそのままにして、プルダウン型スクリーンを選択する必要があります。

インストラクター、ステレオ、タブレットの配置

従来のクラスとは違い、ライブコーチングのクラスはインストラクター、ステレオコントロール、そして MyrideVX タブレットが必要で、これはスクリーンがステージの真ん中に来るように、スタジオ/スペースの右側または左側に配置されます。

ご注意ください、HDMI 接続が最大の長さ10メートルを超えた場合、障害が生じたり、または画像を損失することがあります。10メートルを超える距離には、CAT5 変換の実装をお勧めします。

バーチャルコーチングのためのタブレット配置

Myride VX グループを買う場合は、MyrideVX タブレットをスタジオの内側か外側か好きなところに位置させるために、スペースをデザインすることができます。バーチャル タブレットは、スタジオの外側の壁か、内側でスクリーンの隣の前側の位置が合います。インストールの際にメディアサーバーを検討する必要があります。

ご注意ください、HDMI 接続が最大の長さ10メートルを超えた場合、障害が生じたり、または画像を損失することがあります。10メートルを超える距離には、CAT5 変換の実装をお勧めします。

プレミアム シアタースタイル スタジオ

前面から後方へ向かって高くなるフロアに段差の付いたスタジオは、シアタースタイルとして知られています。MyrideVX をこのタイプのスタジオにインストールする場合は、3b, 3c, 3d の点について追加の考慮をする必要があります。

壁のデザイン

スクリーンを収容する壁は、映像が確実に視聴者の完全な注意を集めるように、黒、灰色、白など無地のままにすることをお勧めします。当社のプレミアム設備の多くは、他の壁に見事な場所の景色を適用することにより、アウトドア参加のテーマを延長しています。これは画像または全体的壁紙プリントを使って行うことができます。ICG は、当社選択サプライヤーによるアプリケーション用の素晴らしい高解像度画像を提供できます。

スタジオの例を今すぐダウンロード

Comments

Sorry, your browser is not supported

Internet Explorer 7 and lower are depricated browsers and no longer supported. Please click here for more information on upgrading your browser or choose from the links below.

Internet ExplorerGoogle ChromeMozilla FirefoxApple Safari